カジノは日本に必要なのか?

カジノ法案は現在もニュースで積極的に取り上げられる話題である。

そこで外国人観光客からこんな意見があった

「日本に来てカジノをしたいとは思わない。」

どこの国であっても観光客にとってはその国の文化や観光スポットなどが重要なのであり、カジノ自体が文化になっているアメリカ等という国と日本は全く別である。

日本に来る観光客にとって何が重要なのかを考えたとき、すでにあるもの、例えば神社のようなものやアニメ、マンガが挙げられる。

さてカジノはそれらに勝てるのか?もしくは勝てると思うか?

答えはYESでもありNOだとも思う。観光客にとっては大事なのは思い出かもしれないが、来られる側からすればどのくらいお金を落としてくれるかが大事なのだ。

観光スポットなんかでは1人辺りが使うお金の額はたかが知れている。

しかしカジノはものすごく強いのだ。儲かるときは圧倒的に儲かる。

カジノが儲かることは明白なのは様々な例からわかると思う。アメリカだけでなく東南アジア、例えばシンガポールなんかも有名だ。

東京オリンピックまでにカジノができれば大きな収入が見込めるのは想像に難くない。

しかしこの法案以前に整備されなくてはいけないことがあると私は思う。

現在の日本でカジノ解禁するべきか?

日本では公営ギャンブル以外の賭け事は禁止されている。それはどんな額であろうと違法は違法なのだ。

しかし現実にはパチンコや雀荘といったギャンブルがデカデカと営業している。

実際のところパチンコは出た玉をそのパチンコ店で仮のお金みたいなものに代え、「まったく別の店」が買い取るという体を成している。

これでギャンブルとは違うというほとんど脱法行為、グレーゾーンで成り立たせているがこんなことをするのはおかしい。

一応書いておくと出た玉を本当にモノに代えて持ち帰ることが出来る。むしろそれが本来の営業の仕方である。

そして雀荘に至ってはモロに金を賭けている店が多い。完全に違法である。

しかしこのような状態を整備せずにカジノを建てるのはあまりにおかしすぎる。

私はカジノ法案には儲かるならある程度賛成だがまず、ギャンブルの合法化が先だと思う。すでにギャンブルが違法は成り立っていない現状なのだ。

カジノ解禁の法整備を

もちろん合法化にもある程度の制限をかけるのには文句はない。それ以上やりたいならカジノに行けばいいという風にすればいい。

私の友人の外国人は「なぜパチンコ屋があんなにあるのにカジノはないの?」と言った。

全くもってその通りで上記のような説明をすると、「じゃあその法律意味ないよね」と言ったのだ。

建前だけの下らない法律はやめるべきだろう。なんの意味も成していない。

さてカジノ法案についての反対意見だがカジノに対してのイメージの悪さがある。

ギャンブル依存症という病気があって、特に日本人はその傾向が高いとされている。

その結果、日本人は出入り禁止にして海外の利用客のみが入れるようにする案が挙げられているがそれでは「カジノは悪です」と言っているようなもので外国人を馬鹿にしているとしか思えない。

ここで実際に行われたギャンブル依存症対策を少し書いておきたい。

・カジノ内にATMの設置禁止。しかし都内には無数にコンビニがありこれは微妙かもしれない。

・カジノ入場税。カジノに入るのにお金がかかるというもの。年間だと16万円ほどにもなる。つまり金持ちしか入れないようにした。

・21歳未満のカジノ入場禁止。依存傾向のある若者への対策とした。

・本人、家族、関連機関が申告した場合、対象者はカジノに入場できなくなる。これが最も効果があった。

現在進行形でこのような対策が行われており、ギャンブル依存症と推定される者は2011年には全体の1.2パーセントだったが2014年には0.5パーセントにまで減っている。

いかがだっただろうか。このようにカジノ法案がどうなるかはわからないが実際のところ課題は山積みである。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です