カジノ法案ってなんなの?

カジノ法案とは、海外では一般的なものとされているカジノを日本でも合法化して導入しようとする法案のことを言います。正式名称は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法案です。

導入することで海外の観光客の増加など経済観念されるなどの問題もあります。2020年の東京オリンピックに向けてカジノ合法化の動きが進んでいます。カジノは、海外では非常に盛んで、海外からの観光客に対しては効果的なのです。

カジノ解禁は日本人として期待は大きい

また日本人にとっては新しい文化として今後の生活に浸透することが期待されているのです。カジノ法案のメリットとしては、経済的な面でプラスの効果を生むことが期待されているのがメリットになります。

あくまで、リゾート地としての発展を促すものですので、カジノの集客力を利用して周辺地域の活性化につなげることが目的であり、またそうなることが期待されているのです。その他にも、カジノ税収入など新規財源の創出や、地域での雇用促進や経済波及効果などのメリットがあります。

カジノ法案のデメリットとしては、it施設ができれば人が集まります。人が集まるということは、犯罪の確立も増えるのです。カジノはその性質上、夜まで騒ぎますから治安上は良くないというとこのなります。喧嘩などもでてくると思います。

またやくざなどの介入もある可能性もあります。カジノというだけで悪いイメージを持つ人も多くいます。海外でもマフィアの巣窟になったりしているカジノもある以上、悪い印象を持つ人がいるのは仕方がないと言えるのです。

法案の正式名称は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案

2016年の12月2日、衆院内閣委員会でカジノ法案が可決されました。同法案の正式名称は、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案、のことになります。Irとは、カジノだけではなくホテルやショッピングモール、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温泉施設巨大な会議場、展示場ビジネス関連施設のことを含む複合観光施設を指します。

ただ、あくまでも推進法であり、理念や方針、手続きといった大枠を規定するプログラムにすぎないのです。同法の成立によって、直ちにカジノができるというわけでもないのです。懸念されるギャンブル中毒者への対策なのですが、大阪商業大学の美原は、これは将来ではなく、現時点での問題になります。

国は、公営競技やパチンコなども含めて、実態を調査し、総合的な対策枠組みを制度として設けることが必要となります。

と論じています。すでに日本は、ギャンブル王国であり、厚生労働省によると536万人ものギャンブル依存症の疑いがある人がいるようです。他の先進国の10倍もの割合だそうです。ギャンブルに依存してしまうと、破産やもちろんのこと、一家離れ散や自ら命を絶つなどということもあります。総合リゾートのオープンは、ギャンブルに依存する人の増加を招いてしまっているようです。

政府もギャンブル依存症対策の重要性は認識している

政府もギャンブル依存症対策の重要性は認識していて、入場規制などを検討しているようです。また、これに伴い今までほとんど対策されていなかった競馬やパチンコといった既存のギャンブルに対する依存症対策も行っているようです。ギャンブル依存症の他には、治安悪化の観念、マネーロンダリングの場となる危険性といった問題もあるようです。マネーロンダリングとは、犯罪など非合法的な手段によって得た資金を普通に使用できる資金に転換していくことをいいます。日本語では、資金洗浄と呼んだりしているのです。カジノはこの、マネーロンダリングに利用されやすく、またこれも問題となっているのです。こうした問題に対してどのような対策をとっていくのか、政府の動きに注目が集まっているのです。

既に存在するネットカジノの一部

ネットカジノ その①

インターカジノカジノ

インターカジノの評判が気になる人向けのページはコチラ

ネットカジノ その➁

クイーンカジノ

クイーンカジノの評判が気になる人向けのページはコチラ

ネットカジノ その③

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの評判が気になる人向けのページはコチラ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です